はじめに

オンライン企畫展開催にあたって

 上智大學は開學以來、「國際化」を指向してきました。その一翼を擔っていたのが學生寮です。戦前に設立された當初の學生寮は、カトリック信徒の子弟だけでなく他大學の學生、外國人をも受け入れる多様な交流の場でした。のちの敗戦後の混亂期、學生運動を経た學生寮は、舎監であるイエズス會神父の監督のもと、學生による自治を重んじる組織となっていきます。そして、1970年代から大學の「國際化」がふたたび意識されるようになると、學生寮は國際交流の場、國際社會で活躍するリーダー養成の場と位置づけられるようになり、現在に至ります。
 今回の企畫展「學生寮100年」は、本學創立當初から學生寮として使用されていた建物が1920年に「聖アロイジオ塾」と名付けられてから100年が経過したことを記念し、企畫しました。學生寮の歴史を、「國際化」?「カトリック教育」?「學生自治」の3つのキーワードを軸として紹介します。

CONTENTS

第1章
國際化の原點

More

第2章
上智會館の日々

More

第3章
そして新たな時代へ

More

おわりに

More

學生寮関連年表

本展示で使用している資料の閲覧利用について

今回の展示資料を書籍などで利用する場合は、ソフィア?アーカイブズに必ずご連絡下さい。
また、資料番號が付いている資料はアーカイブズで閲覧可能です。

狼群影院在线观看免费观看直播-大地影院资源免费观看视频